パーソナル

なくしたものが見つかる人の特徴とスピリチュアルとの因果関係とは!

なくしたもの 探す

なくしたものが見つかる時はスピリチュアルとの因果関係が強く働いていることがあります。

全ての事柄は、因果応報が生じており
生活における些細な事象にも、根深く絡んでいます。

それは過去のあなたの行いだけではなく、家族や親族も含め
前世の影響を強く受ける方には、人生そのものにも強く影響が出てきます。

ふとした際に失くした物を見つける事があると思いますが
亡くした者を見かける事とも同義です。

なくしたものが見つかる人、見つかりやすい人の特徴

 

あなた自身が影響を受けやすく(幸・不幸は関係なく)、その事象を認知しやすい能力を有している。

因果応報による影響は、人知を超えた事象のすべてを含む為
霊的なモノや宗教的なモノを超越して、個人によって受ける影響の差が激しく現れます。

もっとも個人差として表れやすいのは、その事象を認知しやすい能力を有しているか?という点です。

多くの人が有している能力として物性の事象を認知する能力です。

失くした物を見つける能力がこれに当たります。

事象の影響が強く現れるほど、見つかるまでの時間を必要とし
失くした瞬間は思い出せない事が多いと思います。

逆に物を失くした瞬間を覚えている事があると思います
この場合、あなたへの影響が薄い為に起こり(逆に認知する能力が強いとき)です

失くした瞬間に最も強い影響を受けており
過去の因縁に応じて、あなた自身に影響が及んでいる状態です
※物に影響が応じているわけでは無く、影響を受けているのはあなた自身です。

 

あなたの家族・親族・前世に強く影響を受ける方が居り、遠く離れて暮らしていても認知してしまう

因果応報による影響は、家族・親族などの関係性の深い周辺に及ぶ事もあり
あなた自身の認知能力を超えて、大きく影響を及ぼしている事があります。

最も多いのは、その中で一人だけが強く受ける事です。

事象を周囲から判断する事は難しく、本人自身が普段の生活の中で
過去の因縁と照らし合わせて推測する事しかできません

自身で判断するには、多くの人が有している能力として物性の事象を認知する能力です。

失くした物を見つける能力がこれに当たります。

事象の影響が強く現れるほど、見つかるまでの時間を必要とし
失くした瞬間は思い出せない事が多いと思います。

逆に物を失くした瞬間を覚えている事があると思います
この場合、あなたへの影響が薄い為に起こり(逆に認知する能力が強いとき)です

失くした瞬間に最も強い影響を受けており
過去の因縁に応じて、あなた自身に影響が及んでいる状態です
※物に影響が応じているわけでは無く、影響を受けているのはあなた自身です。

亡くした者を見つけてしまう方

亡くした者を見つける方や自身に強く影響が出てくる方は
因果応報の影響以上に、自身の認知能力が強く過ぎる場合に多く現れます。

日本では古来より盆や宗教行事などで霊を迎える習慣がありますが
家族・親族・前世の影響を総括して、親族内での影響が一人へ偏らないための工夫でした。

見つけてしまう物が、亡くした故人で親族・血族である場合は
果報による影響は少ないです。

逆に、普段の生活中で見かけた者で
明らかに亡くなった故人で、あなた自身と血縁の関係が無いと認知できる場合は
その瞬間以降で現れるの果報が、幸・不幸関係なく
あなた個人へ影響が強く現れます。

認知能力の強さにより、見つける頻度が比例します
影響の強さは、亡くなった故人の感情の強さに比例する為
その時点で推し量る事はできません。

元来は因果応報との影響と分けて区分されるものであり
影響は個人に対して強く現れる事と
認知能力に応じて、見かけてしまう(影響を受ける確率が上がってしまう)ことは
個人差が大きいです。

なくしたものが見つかることのスピリチュアル的因果関係

個人的認知能力

個人の認知能力は生まれた際の血縁による因縁と
成長に応じて積みあがる因縁を加算していきます。

あなた自身に、どのように果報(現実で起こる現象)として現れるかは、検測する事も推測する事もできませんが
多くの人が有している能力として物性の事象を認知する能力です。

普段の生活の中でも例として
失くした物を見つける能力がこれに当たります。

事象の影響が強く現れるほど、見つかるまでの時間を必要とし
失くした瞬間は思い出せない事が多いと思います。

逆に物を失くした瞬間を覚えている事があると思います
この場合、あなたへの影響が薄い為に起こり(逆に認知する能力が強いとき)です

失くした瞬間に最も強い影響を受けており
過去の因縁に応じて、あなた自身に影響が及んでいる状態です
※物に影響が応じているわけでは無く、影響を受けているのはあなた自身です。

血縁による包括的な影響力

血縁によるい因縁は、個人が生まれた際に決まってしまう為
それをコントロールする事はできません。

日本での古来より伝わる祀りを行い
地域的な影響を鎮める祭りを行ってきましたが
血縁による影響は、断ち切れるものではなく
最も多いのは、その中血縁の中で一人だけが強く受ける事です。

事象を周囲から判断する事は難しく、本人自身が普段の生活の中で
過去の因縁と照らし合わせて推測する事しかできません

自身で判断するには、多くの人が有している能力として物性の事象を認知する能力です。

失くした物を見つける能力がこれに当たります。

事象の影響が強く現れるほど、見つかるまでの時間を必要とし
失くした瞬間は思い出せない事が多いと思います。

逆に物を失くした瞬間を覚えている事があると思います
この場合、あなたへの影響が薄い為に起こり(逆に認知する能力が強いとき)です

失くした瞬間に最も強い影響を受けており
過去の因縁に応じて、あなた自身に影響が及んでいる状態です
※物に影響が応じているわけでは無く、影響を受けているのはあなた自身です。

霊的に関連した能力

個人の差として最も大きく現れるのが、認知能力の強弱です
霊的なモノに遭遇する確率は、まさに認知能力の強弱です。

また因果応報の影響以上に、自身の認知能力が強く過ぎる場合に多く現れます。

逆に、普段の生活中で見かけた者で
明らかに亡くなった故人で、あなた自身と血縁の関係が無いと認知できる場合は
その瞬間以降で現れるの果報が、幸・不幸関係なく
あなた個人へ影響が強く現れます。

これは人によってさまざまな事象としてあらわれますが
認知能力の強さにより、見つける頻度が比例します
影響の強さは、亡くなった故人の感情の強さに比例する為
その時点で推し量る事はできません。

元来は因果応報との影響と分けて区分されるものであり
影響は個人に対して強く現れる事と
認知能力に応じて、見かけてしまう(影響を受ける確率が上がってしまう)ことは
個人差が大きいです。

なくしたものから見る特徴を伸ばす方法と向き合い方

個人的認知能力
普段の生活の中から影響を推察する

もっとも個人差として表れやすいのは、その事象を認知しやすい能力を有しているか?という点です。

普段から自身の事象を記録して、推察する事が最も大切です。

あなた自身に起こる事象には全てに果報が付いて回ります。

過去の行い(因縁)は、あなた自身が判断し行動した事だけではなく
血族や前世の因縁も影響を受けます。

全ての事象へ目を向ける事は不可能ですが
普段の生活から因縁に目を向けて行く事で
将来的な果報が予測できるようになります。

自身で判断するには、多くの人が有している能力として物性の事象を認知する能力です。

事象の影響が強く現れるほど、見つかるまでの時間を必要とします。

元来は因果応報との影響と分けて区分されるものであり
影響は個人に対して強く現れる事と
認知能力に応じて、見かけてしまう(影響を受ける確率が上がってしまう)ことは
個人差が大きいです。

血縁による包括的な影響力
日本古来より伝わる祭りに参加する

自身の血縁による影響力を弱める為であり
日本では古来より盆や宗教行事などで霊を迎える習慣がありますが
家族・親族・前世の影響を総括して、親族内での影響が一人へ偏らないための工夫でした。

※ここでの祭り・葬式・法事などは宗教による違いは関係ありません

家族・親族に及ぼす果報は
その血縁の中で一人だけが強く受ける事です。

事象を周囲から判断する事は難しく、本人自身が普段の生活の中で
過去の因縁と照らし合わせて推測する事しかできません

個々人の人生を比べて推測するのではなく
自身の行為の善悪に応じて、その報いが必ずあります。

現在では因果応報は悪いほうに用いられることが多いですが
「因」は因縁の意で、原因のこと。

「果」は果報の意で、原因によって生じた結果や報いのことであり
幸・不幸を問わず、あなた自身に影響を強く及ぼします。

霊的に関連した能力
自身の認知能力に応じて、影響に抗わない技術を身につける

亡くした者を見つける方や自身に強く影響が出てくる方は
因果応報の影響以上に、自身の認知能力が強く過ぎる場合に多く現れます。

強すぎる能力を弱める事は出来ない為
避ける技術を伸ばしてください。

自然災害と同じく、予測は難しく
抵抗する事は不可能です。

逆に、普段の生活中で見かけた者で
明らかに亡くなった故人で、あなた自身と血縁の関係が無いと認知できる場合は
その瞬間以降で現れるの果報が、幸・不幸関係なく
あなた個人へ影響が強く現れます。

認知能力の強さにより、見つける頻度が比例します
影響の強さは、亡くなった故人の感情の強さに比例する為
その時点で推し量る事はできません。

元来は因果応報との影響と分けて区分されるものであり
影響は個人に対して強く現れる事と
認知能力に応じて、見かけてしまう(影響を受ける確率が上がってしまう)ことは
個人差が大きいです。

まとめ

あなた自身の判断や行いが全て因縁として刻み込まれ、将来的に果報として自身に影響をおよぼします。

この中には不幸として耐え難い事象もあれば、幸として人生を豊かにする事もあります。

元は宗教から来た言葉で自業自得なども、人類が誕生した業から始まる事象であり
個人ですべての事象を把握し、推察する事は不可能です。

普段の生活の中に存在する現象に目を向け
影響を認知できる目を育てる事で、豊かな人生を送る為の
認知能力を育てる事ができます。