パーソナル

変な人に遭遇しやすい人のスピリチュアルな特徴とは

変な人に遭遇しやすい人 スピリチュアル

「変な人」とは、どんな人のことを言うのでしょうか。ここでいう変な人とは、ユーモアがある変わった人でなく、どちらかというとコミュニケーションの取り方がおかしい人とか、しつこい人、自分にだけ嫌な態度を取るといった本気で関わりたくない変な人です。実際、変な人に遭遇しやすく寄ってこられてしまう人はいます。本人が望んでもいないのに変な人と関わりやすい人には、「類は友を呼ぶ」と言われるように、何かスピリチュアル的な理由があるのでしょうか。「なぜ変な人に遭遇しやすいのか」を考えてみます。

変な人に遭遇しやすい人のスピリチュアルな特徴

変な人を引き寄せやすい人

変な人に遭遇しやすい人をエネルギーの高い人という見方で見てみます。私たち人間のエネルギーは高いところから低いところに流れます。この性質があるため、エネルギーを人より多く保持する人間の周りに、エネルギーを求める人間が集まる傾向があります。分かりやすい例で言うと、ミュージシャンや芸能人、能力やカリスマ性を持つ経営者、強い癒しの性質を持つ人間も然りです。これで大きな木の下に動物が集まるとか、水辺に生き物が集まるとか、そんなことに近いかもしれません。求める人たちはほとんどの場合、不足を感じている人たちですし、中には枯渇寸前の人もいるかもしれません。より強いエネルギーを多く持った人にはそれだけ多くの人たちが寄ってきまし、比例して変な人も増えてきます。

 

変な人に好かれやすい

変な人に好かれやすい人とは、誰にでも優しい人とよく言われています。変な人は誰からも相手にされず、愛情に飢えている人が多いです。そんな時に優しくされると、相手のことをすぐ好きになってしまいます。誰にでも優しい変な人に好かれやすいのです。優しいことは、とても良いことなのですが、その優しさが、時には誤解を招くことになるのです。例えば男女で見ても純粋そうで、一見少女っぽく見える女性は変な男を寄せ付けやすくします。さらに、実年齢よりも若く見える女性も要注意です。変な男性大人の女性は怖いというコンプレックスを持っていたりするので、子どもっぽい女性に惹かれるのです。これらすべては引き寄せの法則です。

 

変な人が寄ってくる人は感受性が強い

変な人が寄って来る人は感受性が強い特徴があるといって良いでしょう。感受性の強い人は、人に対して気を遣います。変な人の目線では気を遣う人は、気の弱い人だと認識され、中身まで見る認識力はないため、弱そうで利用できなさそうな人外面で見定め、言い寄られた時に控えめで我慢すると、変な人はここぞとばかりに接してきます。気を遣うということは、本当は強かろうと弱かろうと自分を隠そうとします。本心と行動のギャップを作り、内側と外側が別人となるように矛盾が作られ、エゴを作るといいます。気を遣うことで自らエゴを増やし、変な人は自分と同じエゴのにおいに引き寄せられてきます。

 

 

変な人が寄って来る時のスピリチュアルメッセージ

変な人を引き寄せるスピリチュアルメッセージとは

変な人に遭遇したり、絡まれやすいのは、もうすぐ危険が迫っているサインであったり、自分自身の波長が下がっているサインであるといいます。体調により魂のバイオリズムも上がり下がりするものです。波動が下がっている時には、現実世界でもマイナスな出来事が多く訪れる者です。変な人を引き寄せるのもその時です。人との出会いは一期一会だからこそ、波動の影響が大きく、良い状態であれば、運命の人との出会いを呼び込み、悪い状態であれば、迷惑だと感じる人を近づけてしまいます。またよく言われる因果応報も仏教の世界では因果の道理とも言い、「前世が巡り巡って時代を変え、体を変えてその報いを受けることになるといいます。

 

変な人に好かれるスピリチュアルメッセージとは

変な人に好かれるということは、同じようなタイプを引き寄せてしまっているのです。周りから変わっていると思われる人は、自分で気づいていなくても、少し変わりものなのかもしれません。そのため、相手から自分と相性がいいと思われ、好かれてしまっているのではないでしょうか。「類は友を呼ぶ」とよく聞きます。その言葉通り同じ対応の人を引き寄せてしまっているのです。変な人に好かれるのは、誰からも好かれる人であり、印象がとてもいいということです。そのため、周りが苦手と感じる人でも受け入れてもらえると感じてしまうのです。

 

感受性が強いと変な人に遭遇しやすいスピリチュアルメッセージとは

感受性の強い人は、人の感情を読み取る能力に長けていたり、感覚が繊細で他の人より過敏だったりします。そのため、細かいことに気づき、職場の同僚がネクタイやアクセサリーを変えたときの少しの変化も見逃さずに、すぐ気づきます。また、職場等の人の触れ合う感覚にも敏感に反応します。場の空気を読み取る力にとても長けています。感受性の強い人にとっては普通のことでも特別に気にかけてくれると誤解を招くことにもなります。また感受性の強い人はスピリチュアルなことを好みます。この世界は突き詰めていくと精神世界に行きつきます。目に見える現象だけでは解明できず、好奇心旺盛で感受性が強い人には強い影響を与えます。

 

 

変な人が寄ってこないようにするにはどうすればいいのか

変な人を引き寄せないようにするには

偶然に出会ってしまう変な人、同じ職場にいる変な人など引き寄せを実践していようといなかろうとこういう人に出会ってしまうことはあります。残念ながら変な人を完全に引き寄せないようにすることはできません。ですが、「自分の観念(意識)を変える」ことならできるのではないでしょか。それは、「偶然出会ったものは仕方ない」と受け入れることで「変な人」の感じ方も変わってきます。またそもそもなぜ、変な人を引き寄せてしまうのかを考えた時、私はダメという共通の部分があり、引き寄せてしまいます。その根本にある観念とは「自信がない」ということです。このことに気づき、観念を変えれば共通点が失われ、引き寄せはなくなると言われています。

 

変な人に好かれないようにするために

変な人に好かれないようにするための対処法を参考事例から見てみます。変な人は思い込みが激しいことが多いといいます。目が合っただけでも、社交辞令でほほ笑んだだけでも、「自分のことを気かもしない」と暴走することもあります。変な人に期待させないために嫌な時は露骨に嫌な顔をしましょう。そうすれば、相手が勘違いすることもない筈です。変な人に好かれやすい女性は、愛想がいい人が多いので、変な顔をするのは抵抗があるかもしれませんが、自分が嫌だと思う相手には、ハッキリ意識表示をする勇気をもつことです。また、隙のある女性は変な人に付きまとわれやすいので、気を引き締めて対応いたしましょう。程よい距離感を保つことがとても大事です。

 

感受性の強さを生かして引き寄せないようにするためには

感受性の強さを生かして変な人を引き寄せないようにするための一つとして、自分の意見を持つことです。意見を持つためには、身体で感じることを多くしてみてください。感性を養うように、自分だけが認識できる感覚です。嫌がっている時には、頭のどこかでピーンとしている、痛みがある、怒っているときには身体に熱を感じ、頬がひきつった動きをし、頭の中心がズキズキします。そのようなさまざまな感覚を感受する機会を増やすことで、自分の意見を増やすことができます。そうすることで、波動も認識も変わり、自身と誇りがもたらされ、本来の強い人ならではの状態となり、変な人が寄与せられることはありません。

 

まとめ

この世に起きている現実は、例外なく全て自分が引き寄せ、現実化しているため不調和があれば、関わる人や場所を変えても同じ現実が起きます。「変な人を寄せ付けないためには、相手ではなく自分自身を切り替えること」と言います。誰にとっても生きていく上で、考え方や見方を変え、物事の仕組みを知っているか否かでも意識や認識は変わります。それにより同じ空間にいても変な人は寄り付かず、不思議と関わらなくなるということです。