メンタル

家族や身近な人の死を受け止めるための時間とスピリチュアルの関係性

家族が亡くなった 女性

 

身近な大切な人を失った時、それが大切な人であればあるほど、その死を受け止めることは難しいことです。死を受け止めるには、時間(とき)を要します。時が過ぎることともに徐々に落ち着きを取り戻すことができるようになりますが、悲しみが深ければ深いほど、10年、20年、場合により一生受け止められないこともあります。誰もが同じものではありません。そこで今回は、身近な人の死を通して、本来の自分を取り戻すための「時間」を考えます。

 

家族や身近な人の「死」について感じやすい人の特徴

身近な人との関係性において「死」の直前を感じやすいのか?

死期が近い人は独特の行動をや、様々な症状が前兆として現れることが報告されています。その一つとして、死期が近い人は、死ぬ前に挨拶をしに来るといいます。これはよく聞く現象です。その人の魂だけが抜けて、挨拶をしに行くのです。よくある報告例として、病院に入院しているはずの人が急に家にやってきて、びっくりした家族が「なんでここにいるのか」と思ったら、数時間後に病院から電話があり、「亡くなりました」と伝えられたとか・・・。こういったことは、死期を迎える人の「気持ち」を伝えたいという思いが強いと現れるといいます。昔からよく聞く「虫の知らせ」、本来人間には、親しい人の死を予知する力、察知する能力があると言われています。

 

どうしても身近な人への死を受け入れられない人

大切な人を失った時には、誰もが大きなショックを受けます。その死が突然訪れたものでも、長い闘病の末のものでも、天命を全うした別れであっても、受ける衝撃には変わりありません。それは、死によってもたらされる永遠の別れに対しての準備ができていないからです。突然の死ならば、分からないように感じますが、闘病や介護などで長く接した末の別れであっても心の準備はできないものです。最善を尽くした上でやはり命が尽きると分かっていても、心の中では万が一ということに望みを託してしまいます。だからこそ、自分から進んで死を受け入れようとするのは、とても難しいことなのです。

 

感受性が高く敏感に死について感じやすい人

感受性が強くて「もう死にたい」「生きづらい」と感じている人は、少なくありません。今の世の中は、心の優しい人にとって、とっても生きづらい社会になっていると思います。辛く悲しい気持ちを自分では抱えきれなくなってしまい「死にたい」という言葉に変えて発信しています。しかし、周りの友達には弱い自分をさらけ出すことや死を考えている事を言うと引かれてしまうことがわかっているからこそ託すことができません。死にたいと思ってしまう人は、感受性が高いゆえに、心のキャパシティを超えてしまい、心が疲れてしまったのです。身近な人との別れに遭遇すれば、なおさらです。心の拠り所がなくなってしまったら「死」や「自殺」を敏感に感じてしまいます。

 

 

家族や身近な方の死についてのスピリチュアルサインとは

 

必ずしも表面的な関係性だけではない心の関係

いつも自分を支えてくれる誠実な友人がいるかどうかで、人生の幸福度は大きく変わってきます。とは言え、表面的でない、深い友情を育むのは簡単ではありません。それには、たくさんの時間とエネルギーが必要です。その第一歩は、深いつながりを作ることです。すばらしい人間関係を築いている人は、自分の欲求など気にしていません。いつも相手に注意を払い、どんな支援を必要としているかに気を配っていくことは、価値ある友人関係を築くのに欠かせないことです。身近な人の死に直面して、辛い気持ちを打ち明けて、話を聞いてくれるだけで受容がスムーズに進みます。ですから心からのつながりはすごく大切なことです。

 

『死』そのものに特異的な感覚を持っている

「人は死ぬとどうなるか」を見定めてゆくと語る秋田大学新山准教授によると死や自分の特異点に対する感覚は、10代のころに一番敏感に持っています。いずれ目の前にある生活の雑事に興味関心が移ってしまいます。そして、死に対する自分なりの心構えが十分に整う前に、不意に死に追いつかれてしまうのです。死を目前にして10代の頃の感覚を思い出しますが、思ったほど考える時間は残されていません。しかし、自分の死に対する考えを若い頃から持っていると案外楽になれます。そして皆が死を受容することができたらいいなと思います。無宗教な日本人が「自分の死」を恐れることなく、死について真正面から考えることができるように願います。

 

幼少期の経験から『死』対する想いを持っていることで起こるスピリチュアルサイン

6歳で母親を血液系のガンで亡くした経験のある男性が受けた影響について、母親が亡くなって約20年、大学まで卒業し社会人になれています。しかし、母親が早くに亡くしてしまったことで精神的に影響があったかと聞かれれば、イエスです。顔も声もどんな性格だったのかも覚えていないけれど、お酒が入ると思い出して泣けてしまうのは今でも引きずっているからだと思います。最も母親が必要な時に甘えられる存在がいなくなったことで、自立心をもたなくてはいけなくなりました。孤独感にも目を背けて生きてきました。母の死は、「人生を考えるきっかけを十分に与えてくれました。母親の死を体験し、人生とは、愛とは、家族とは、甘えとは終わりのない定義であります。死に対する想いを持っていることで幼少期から多くの母からのメッセージを受け取っていました。どんな人でも必ずスピリチュアルメッセージは随所によってあります。

 

 

死を受け止めるためにどうすれば良いのか-スピリチュアルマインド

 

生と死

生と死を考える時、やはり死生観についての概念に触れてみたいと思います。死生観とは、生きることと死ぬことに対する考え方、また判断や行動の基盤となる生死に関する考えのことです。誰にでも死は訪れる者ですものですが、死後の世界は未知の世界でもあります。その為、人の死に対する考え方や価値観などは個人で異なります。死について考えるきっかけも人それぞれです。例えば身近な人が亡くなったり、事故や病気で生死を彷徨うような体験をして、死について考えることもあると思います。海外の場合、死生観について宗教から受ける人が多く見られます。宗教では死や死後の世界について教えが説かれているからです。死生観を持つことにより、自分や家族の「死」と向き合えます。

 

感情が麻痺したような無感覚への対処法

喪失感からくる感情が麻痺したような無感覚への対処法について、無気力になり心が麻痺して何も感じられなくなると心が閉ざされていきます。気持ちが投げやりになったり、空元気になったり、その一方で、心が閉じた分、強い孤独感を感じます。そうして引きこもりのような状態になってしまうこともあります。その引きこもった世界の中で、そのショックな出来事をずっと繰り返し見つめていきます。そうした段階を経て、徐々に現実を受け入れ、新しい希望を見い出す準備ができ、そして再び笑える日がやってきます。心は決して死にません。麻痺して感じなくても、とても強く支えます。今の気持ちをきちんと受け止め、認め、感じることで次の段階へ進めるのです。

 

助けを求めることのできる場所があるか

小中高生の自殺者数は、年々増加しています。ある団体では助けを求めることの大切さを訴えます。「しんどい時はいつでもおいで。生きてさえいればいつかは笑える日が来る」。元ホームレス5人を中心に活動するのは「生笑(いきわら)一座」です。この一座では「子どもが突然、助けてとも言わずに死んでいくような社会がこれ以上続いてはいけない」と訴えています。そのほかに助けを求めることのできる場所も必ずあります。お寺、教会など今では写経のコースを行い無の心をもつことにより自分を見つめなおす機会が持てる場所やいつも祈りを捧げるスペースを開放的にしている教会など子どもから大人まで老若男女を問わず迎え入れてくれます。必ず光の道は導かれています。

 

 

まとめ

私たちが生きていく上で、どうしても避けては通れない悲しいことは身近で大切な人を亡くしてしまうことです。しかし、悲しい気持ちで打ちのめされてしまっても、やがてはその人無しの新しい生活の適応していく必要があります。今日「身近な人の死を受け止めるための「時間(とき)とは」を通して、身近な人の死に遭遇しても時ぐすりとも言いますが、必ず時間(とき)が解決してくれます。気持ちが癒しの道へと必ず導かれます。