パーソナル

オーラを感じる人のスピリチュアルな特徴!オーラを濃く出す方法とは?

オーラ スピリチュアル 感じる人

オーラに触れたそこのあなた。

オーラというものはカリスマが溢れる人だけが盛り合わせているわけではありません。

自分の中に眠っている感覚、体を巡る気の流れ、空気の感じ方、雰囲気を読み取る力などなど。

様々なものに触れることで自分だけの力として目覚め始めることでしょう。

自信があふれている人に出会ったり、迫力のあふれる人に出会った時あなたもオーラに触れ始めて目覚め始めています。

その力で現代社会を強く生きていきましょう。

オーラを感じる人のスピリチュアルな特徴

自信があふれている人はオーラを強く持ちやすい!

オーラを持ちやすい人はとにかく行動力に溢れ、学習意欲が非常に盛んな人が多いです。

自分の力を高めるために考える、動く、よく食べるという貪欲な方が多くいらっしゃいます。

エネルギッシュなオーラの持ち主は赤色や黄色で見えることが多く、行動を共にすることでその影響を受けやすくなります。

カリスマと言えるほどの強烈なオーラを持つ人もいれば、空気を読み取り仲を取り持つことに長けた調整能力に長けた人もいます。

とにかく経験を活かせるように様々な場へ挑戦し続けている人ほど強いオーラを個性と活かし、失敗することを恐れない勇気を持ち合わせています。

その一方で失敗で得た糧をとにかく次に繋げるために反省と次への努力を惜しまないこととポジティブに前を向くやり方を持っています。

前に進むための貯金を惜しまないということなのでしょう。

自分を変えたいと思っている人ほどオーラを感じやすい

自分を変えたい、新しい自分を見つけたいと模索しながら進んでいる人は強いオーラを感じ取ることができます。

ネガディブなイメージを受けるかもしれませんが、自分が相手にどう思われているか非常に敏感なので危機察知能力の一種としてオーラを捉えることが得意とも言えます。

自分を変えないといけないという意識を強く持ち続けることは大変立派ですが、視野が狭くなりやすいというデメリットもつきまといます。

そのオーラを感じ取る力はあなたの強い武器です。

防衛反応として目覚めたその力を受け入れることが始めていきましょう。

そうすることで捉えることに優れたオーラの持ち主になれます。

自分が人にどう思われているかではなくその観察力を武器にして風のささやきや自然の声に耳を傾けられるようになれればあなたもきっと覚醒できるはずです。

そのパトスで前へ進みましょう。

 

自分を信じられる感覚を持っている人オーラを見ることができる人に多い

オーラを見やすい人は何か優れた感覚を持っている人が多いです。

人の話をよく聞こうとすることもそうですが、面白い話を常日頃の返す人も本質を捉えてアンテナを張り巡らせることができるとも言えます。

こうした多感な感性を活かせる人もいれば静かな場所で精神統一を図り、集中し続ける人もオーラを感じ取ることができます。

そしてそういった人たちは作品作りにおいても強烈な印象やビジョンを見るものに与えます。

それこそがまさにオーラです。

気の流れは人間だけではなく自然や造形物などにも現れます。

特徴の強い作品は個性という形質で現れますし、言葉は感情や力強さといった形で伝わります。

そしてそれらに触れることで自分のオーラはまた高まり始めて影響を与え続けます。

創作活動や挑戦の原動力にもなりうるオーラを見つけやい人はきっと視野も考え方も広い素敵な人になるでしょう。

スピリチュアル視点から見たオーラの種類と意味

オーラがゆらめいている人は気力や行動力に溢れるが流されやすい。

しかし大きくなりすぎると自分をも飲み込んでしまうことがある。

揺らめきは心が様々な方向に向いている興味の現れであり、自分がまだ定まった方向を見つけていないことの現れでもあります。

興味関心が高く原動力の強い人はよくこの現象が見られますが、失敗例として様々なことに手を出しすぎてショートを起こしてしまう人もいます。

ひとつひとつ地道に経験を積み重ねることで収まり始めますが、アンテナの広さというのは一つの武器でもあります。

揺らめき続けるオーラを持ち続けることもある意味素晴らしいことなのです。

たくさんの興味を持ち続けるモチベーションの高さや行動力に感謝してオーラを纏い続けることが一つの近道になることでしょう。

生きる目的を様々なものから見出し続けることができる人は自分を自由に表現することもできます。

その揺らめきを維持できる感性はきっとあなたを様々な世界へ誘ってくれるでしょう。

オーラが固まって見えるのであれば一本気な性質を持つがあるが意味強いこだわりの現れでもある。

オーラが固まって見える人は非常に一本気な性質をしており、一念発起すると是が非でも物事の完成に向けて邁進し続けることができます。

しんどいと感じる時も目的のために我慢をしたり、辛く苦しい状況を乗り越えるために準備を着実に行います。

逆に物事に集中しすぎるため他の出来事や仕事に対しての意識が薄くなることもしばしば発生します。

目的のためとは言え周りを顧みる視点が抜け落ちやすいので、自分が気付きにくい場合は助けを求めることを忘れてはいけません。

しかしこの強い目的達成力は大きなプロジェクトを抱えている時ほど強力に働きかけるので、完成度の高い作品や事業成果へとつながります。

持ち味を活かすことができれば中心になれることも夢ではありません。

固さを持ったオーラが見えれば目的に進む力が強い、頑固ではあるけどとても誠実なんだなと感じ取ることが多いはずです。

燃え盛るようなオーラの持ち主は薪をくべられたかのように情熱的。

燃え盛るオーラが見える人はゆらめいている人以上に貪欲さが見えます。

侵略すること火の如くと言われるように、とにかくあらゆる物事に手を出して結果を出そうと行動を開始するので大きな成果を上げることもあれば、大失敗に陥ってしまうこともあります。

揺らめきの人と似た傾向はありますが、揺らめき以上にハイリスクハイリターンを得やすいのが大きな特徴であり、味方にできればこれほど頼もしい存在はいないといってもいいでしょう。

一歩間違えば真っ逆さまという怖い部分もありますが行動力に溢れるので取り返すためのプランも積極的に考えてくれることでしょう。

またこういった人はギャンブルにものめり込みやすく、抜け出せるように冷めさせるのは苦労を重ねることになるでしょう。

行動するためのガソリンをうまく彼らにかけることができれば大きな成果を導きます。

一方で期待をしすぎると大爆発を起こす可能性もあるのは燃え盛るオーラの特徴です。

オーラの特色を伸ばす方法

オーラを持つためにはとにかくたくさんの興味を書き出すことで特徴を伸ばせます。

そしてとにかく挑戦し続けることをやめないで、失敗をしてもめげないようにしましょう。

そのうちに得意なものが見つかるので回り道をしてもいいと自分を励まし続けましょう。

揺らめきのオーラを伸ばす

揺らめきのオーラを伸ばすには興味がある分野についての勉強をとにかくし続けることです。

失敗したくないと防御に回らず、攻めの姿勢を維持し続けることで結果を残せるようになります。

あとは自分の挑戦の結果に関わらずとにかく自分を励まし続けることを忘れてはいけません。

励ますことでアンテナの感度を落とさず、挑戦してみようというガソリンを自分で燃やし続けることができます。

興味のある分野が固まり始めたのであれば、自分の選択を信じて専門的に揺らめき続けるか広く浅くでもいいからアンテナを広げるかの指針を決めていくことで、少しずつ失敗は減り続けていくことでしょう。

方向が決まってもまだこんなにできることがあるよ、この分野ならやっていけそうだよと探し続けたり問いかけたりすることを他者や自己から見つけていけば大きなゆらめきもあなたの武器につながるはずです。

固まりのあるオーラを伸ばす

固まりのあるオーラを伸ばすのであれば、目標を小さく決めて前に少しずつ進むことから始めていきましょう。

最終目標は大きくて構いませんが、とっかかりに当たるスタートの第一目標は小さなもので本当に問題ありません。

いきなり大海原に航海するのではなく、川や湖で動かし方を学んでからスタートしても遅くありません。

とにかく日進月歩のように一つ一つ成功という名の石を積み上げるということを忘れずに進んでいけば固まりの中に尖った部分が磨かれて玉のような輝きも帯び始めるはずです。

そうすることであなたの元に人が集まり始め、協力してくれる人が増え始めるはずです。

職人気質な人も多いのでより多角的な視野を取り入れることができれば持ち前の根気強さが大きな成果をもたらすでしょう。

自分で決めた橋を最後まで完成させて渡り切ることができればきっと自信を持てるでしょう。

燃え盛るオーラを持つ人への解決方

燃え盛るオーラを持つ人への解決方法は、とにかく原動力とそれに伴った行動への判断が非常に早いです。

決断力に優れますが独断専行しがちになるので、ストップをかけられる人を早めに見つけてください。

情熱的な方が多いので親身になって相談してくれる人がいれば彼らの話を無碍に扱おうとはしないはずです。

冷静になりすぎると冷めてしまうので君の意見はとても情熱的で太陽のように眩いと褒めながら、こういうスマートなやり方もありますよと代理案を提案し続けることでその良さを学び取ろうとしてくれるはずです。

時には水をかけてストップすることを覚えたら先に進む前にまた薪をもらって前に進み始める、そんな二人三脚ができる人を見つけ出せたらベストなパートナーになれるでしょう。

お互いに裏切らない関係になれれば自制することも覚えて相談を持ちかけてくれるはずです。

まとめ

オーラとは目には見えないですが、人の形質や情熱など様々なものが混じり合うことで生まれてきます。

まだ目覚めていないだけで誰もが持ち合わせています。

自分がどんなオーラを持っているのか、これから目覚めることはできるのかと考えるだけでも面白いでしょう。

そして自分に問いかけてみてください。

こんなオーラを持ちたい。

目覚めてみたいと声をかけ続けるのです。

何かのきっかけで目覚めたのであれば自分の魅力や得意分野への興味がきっと高まっていくことでしょう。