パーソナル

コロナウイルスの持つスピリチュアルな意味とは?

コロナウィルス スピリチュアル 地球

コロナウイルスは神様が人間に対して感じている疑問が形になって現れたものです。

言い換えれば、神様の分身とも捉えることができます。

神様が地球を創り出した後、それを管理する存在として人間を創造しました。

しかし、人間のあらゆる文化や行動を疑問に感じていた神様は、コロナウイルスを密かに忍ばせることで人間正解の是正に努めたのです。

コロナウイルスを感じやすいスピリチュアル特性の人の特徴

たくさんの人間と距離を近づけようとする人

神様はたくさんの人間同士の距離が近づきすぎるのを危険視しています。

その理由は、他人の負のオーラも感受して人に邪悪な心を芽生えさせるからです。

人間が子孫を繁栄させるよう仕組んだ理由は、地球を管理するよう神様がお触れを出しているためだといえます。

それなのにも関わらず、他人との距離が近すぎるがために争いを生んでは種の反映は難しくなってしまいます。

神様は特に満員電車やコンサートといった人混みを煩わしく感じていたでしょう。

これを引き離すために、コロナウイルスとなって是正を試みているのです。

それでもなお、人間は集団を形成するという行為に取りつかれています。

これを止めない限りは、コロナウイルスがこの世から消えることはありません。

集団を作ることで芽生える憎しみや争い、こういった愚かな行為を神様は止めようと頑張っているのです。

古いしきたりから離れられない人

地球がどんどん美しい星に変わっていくためには、管理する人間が成長していかなければなりません。

しかし、現実は古いしきたりにとらわれていて、社会のために考えを改める人の方が少ないです。

会社は毎日始業時間を決めますが、終業時間に関しては何も守られていない国も少なくありません。

日本もそのうちの1つだといえるでしょう。

また、技術が進化しているのにそれを生かすことに時間がかかっています。

神様は合理的に考えられない人間へヒントを与えるためにコロナウイルスとなって舞い降りたのです。

コロナウイルスがさまざまな規制をかけることによって、人々に考える時間をプレゼントしました。

このお陰で電子化が進み、神様の思惑通りに物事は見直されてきています。

神様は社会全体をより良い方向へと進ませるために、こういった計らいを行ったのです。

体調悪くても休まない人

世の中の人々は、非効率に働きすぎているということも神様が不満に感じた部分です。

特に体調が悪いのに休まないのは、そのまま運気を下げてしまいます。

人間が活動することで運気を上昇させますが、体調が悪い中で外に出るのは逆効果です。

それを知らない人間たちへの教訓を伝授するため、神様はコロナウイルスとなって休む大切さを教えにきたともいわれています。

しかし、神様の唯一の誤算は死亡者を出してしまったことでした。

力強く生きようとした人を殺めてしまった神様は、それを深く後悔しています。

まだ、神様の中ではどのようにして殺めてしまった者を救済するか考えているところですが、きっと力強く生きようとした方に対しては精一杯の償いをするでしょう。

このような悲劇を止めるためにも、我々は神様の言いつけをしっかりと守ることが求められます。

 

コロナウイルスから読み解くスピリチュアルの意味

人の負のオーラを引き寄せない適切な距離を保とう

コロナウイルスは人々の間で距離が生まれました。

人間からすれば、この距離感は煩わしく感じるかもしれません。

しかし、神様が言うには、本来このくらいの距離感が人の負のオーラを引き寄せない上では非常に適切なのです。

人々は負のオーラを感受することで、殺意や憎悪といった醜い感情を芽生えさせます。

この距離感によって無駄な争いが生まれるといえるでしょう。

特に男女の距離というものは、同性同士よりも邪悪な心を生まれさせる危険性があります。

性的感情を抑えられず、凶行に手を染める人間が姿を消すことはありません。

この状況は神様にとっても嘆かわしいこととして認知されています。

人の距離というものは、清廉なものである必要があります。

それを考えずにやたらと距離を近づけようとする人々に怒るのも無理はないのかもしれません。

清らかな心は距離感に応じて大きく左右されます。

常に考えてエネルギーを蓄えよう

我々が社会を守るためには、日々考え抜くことが重要です。

人間は考えることでエネルギーを蓄積し、生きる力が芽生えます。

しかし、実社会を見てみると非効率な毎日を過ごすのに負のオーラを背負い、人々は生きる力を削がれつつありますよね。

この世の中の状況が不味いと神様は判断し、考える材料を提供しました。

コロナウイルスによって人々は在宅ワークやリモート授業にも着手していきます。

ただし、これらは本来コロナウイルスが無くとも実行できたはずです。

そのくらい、人々の心には当たり前という概念が蔓延っていました。

考えるのを止めることは、生きるためのエネルギーを捨てるのと同義です。

エネルギーを削がれていった人間は、最終的に闇を抱えるようになります。

その責任を他の人間は背負うこともしません。

神様が与えた試練は、1人1人の心にある隙が生んだものです。

しっかりと休んで運気を上げよう

確かに活発な人間を神様は望んでいますが、1分たりとも休んではいけないということではありません。

寧ろ、休むことによって人間のエネルギーもみなぎり、社会創造が発展していくのです。

しかしながら、人間は休むことを蔑ろにし、体調が優れない人を無理矢理働かせようとします。

人間は体調を崩すと同時に運気も下がり、風水上良からぬ不運を招いてしまいます。

我々の体調もサイクルによって変わり、休むべき時間も定期的に訪れるのが人間のあるべき姿です。

その理解に励むため、神様はコロナウイルスに代わって我々を教え導こうとしていました。

人間はしっかりと休むべきに休まなければ、社会の発展に繋がることがありません。

働き者を良しとするのは、本来神様は望んでいないのです。

人間自身がこのような休息に理解を深めていくのが何よりも重要といえるでしょう。

コロナウイルスにかからないスピリチュアル対処法

他人には不用意に近づかない

単純なことではありますが、本来の人間は他人と適切な距離を測るものです。

他人から負のオーラを受け継がないようにするためにも、距離感というものはしっかりと作らなければなりません。

唯一、距離を近づけていいのは自身にとって居心地が良い人間です。

恋人や親友など、倫理に背かない方でなければ当然に負のオーラを簡単に感受してしまいます。

これを無視すれば、今後の人生において大きな災いとなるでしょう。

世の中では不倫も人間関係において大きな問題となっていますが、この行為も倫理を無視した故に起こるトラブルです。

負のオーラを最大限にまで感受してしまい、最終的にはそのオーラによって我が身を滅ぼしてしまいます。

だからこそ、しっかりと距離を離して自らのオーラを守るようにしましょう。

コロナウイルスは適切な距離感を教えているのです。

常に新しいことを考える

コロナウイルスを世の中から消すためには、日々新しい知識を取り入れて人々と力を合わせて考え抜きましょう。

思考停止をすると人間は動源力となるエネルギーを作り出せません。

社会はどんどん悪くなっていき、いずれは人間の滅亡にも繋がってしまいます。

そうならないようにするためには、数々の情報に目を通して実践していくことが重要です。

ただ考えただけでも、それを行動に移さなければ意味がなくなってしまいます。

世の中には我々がまだ知らないような技術がたくさんあります。

生かし方を考えていけば、そのまま社会の是正に繋がるのです。

先人の教えを受け継ぎつつ、これらを新たな技術に繋げていきましょう。

その一歩として勤勉に励むことが我々には求められています。

勤勉さは人々の心に「火を灯すエネルギー」を与えます。

このエネルギーの集合体が社会なのです。

体調を崩したら必ず休む

最後に、体調が優れないなと感じたら必ず休養を取りましょう。

人は考えるのを疎かにしがちですが、他人に対しては厳しく接する節があります。

しかし、いくら他人に厳しく接したとしても、体調が悪い時にまで働かせるのは論外です。

運気はどんどん下がっていき、やがてはその人の命をも邪悪な心が蝕んでしまうでしょう。

それを防ぐためにも、1人1人の意識を改善しなければなりません。

他人に優しくする前に、自分を優しい心で迎えてあげるのが大切です。

自分に優しくなれば他人にも優しく接することができます。

それは、清らかなオーラが自分の心を支えてくれるからです。

そのオーラを身に纏うためには、自分自身に対する態度を改めていくことが求められます。

天使のような微笑みを自分に向けてください。

そうすれば神様も自ずとあなた自身を助けるでしょう。

まとめ

コロナウイルスは人々にもたらした邪気と思うかもしれませんが、その正体は神様による教義です。

オーラやエネルギー、運気を一から見直せるようにするための試練ともいえます。

この事態をどう乗り切るかで、神様はさまざまな結果を用意しています。

その結末を作るのも我々次第です。

神様が用意してくれたハッピーエンドに辿り着けるよう、教えをしっかりと守らなければなりません。

そして、何よりも意地でも教えを守るという勇敢さが求められているのです。