パーソナル

友達と縁が切れるのは当たり前、スピリチュアル考察とは

分かれ道

ずっと長く仲のよかったお友達であれ、さっきまであんなに仲良かった友達なのになぜ?という場合でも、お友達との縁切れは
殆どの場合、人生の流れの中の”自然現象”と捉えて正解です。

「何故?どうして?」と未練がましく煮詰まっていては貴方の進みが遅くなってしまうだけです。

今後の展開の為にも、ココは単純に去るもの負わずと軽く受けながす軽さが必要となります。

友達と縁が切れる、切りたいと思いやすい人の特徴

慈悲深く付き合う人をえり好みしない人。

そんな貴方は、自然と貴方に寄り付く人たちに身を任せる感じで人間関係を作ってしまう傾向があります。

慈悲深い貴方ですから、寄り付く人の中には貴方の慈悲深さに甘えて楽しようとする人も多くなりがちです。

貴方自身、最初は好きで周囲の人に自身の慈悲深さを振りまけても、やがて精神的限界が来ます。

それまでの積み重なった潜在的心の負担に苦しむことが生じるでしょう。

慈悲深い分、自愛精神に欠けているとも言えますので、日頃自身の心の疲れに関心を向けケアすることがとても大切だと知りましょう。

「今日食べたいものは何?」の様な小さなことでもいいので、日々自分の心を満たすことにも感心を向け、自愛と他人への慈悲のバランスを意識しましょう。

そして他人といるとその人に尽くしがちになりますので、時に一人の時間を過ごすことも大切です。

執着心が強く見捨てるという事に罪悪感をお持ちな方

心優しい貴方ですから、あらゆるヒト、モノ、出来事においてこれまで続けていたものを捨ててしまったりやめてしむこと全てにおいて

悪しき事”と思い込みがちとなります。

ですが、継続することが決して美しい事とは限らないとも肝に銘じましょう。

そして何かをやめたり手放したりするときは「これは必要が無くなったから処分すべきものだから」と心に言い聞かせて、「ありがとう」の愛の言葉で包んで手放して行けば大丈夫です。

最初はナカナカ罪悪感は消えなくても、その内心のスッキリ感を得たり、代わりに新しいものが入って来る喜びを知る頃には手放し上手の貴方に変化を遂げている事でしょう。

勿論、いじわるや無駄で人を見捨てたり物を捨てたりすることとは内容が違いますが、貴方の場合は執着心が強すぎるので思ったよりも心を鬼にして処分する方が吉な時が多いです。

実は重度の寂しがり屋さんの人

周囲からは心優しく慈悲深く、精神的に悩みはなさそうに見える貴方ですが、そんな素敵な心を周囲に振りまく裏には、実は
”寂しがり屋さんだから”という気質が隠れています。

寂しがり屋ゆえに、周囲の人の世話をしたり、相談に乗ったりといった親切をを振りまく行為は、実は自身の寂しがり屋の心を埋める作用もあると知ってのことなのです。

勿論、貴方自身は無意識化で日頃他人に愛で振りまいていらっしゃるのですが、そこに自分は寂しさを感じたくが無いために行っている面もあることを知っておきましょう。

貴方はきっとこれまで何度も、人にあれだけ親切にしたのに何も見返りも無かったことで虚しさを感じてきたはずです。

その度にその虚しさや寂しさを埋めるために、もっともっといい人になろうとしてきたのではないでしょうか。

過剰な寂しさを一人ででも埋められるようにすれば、あなたの寂しがり屋の気質から生じる親切のやりすぎは徐々にいい具合に減って行くでしょう。そういった必要な面もあることを知っておきましょう。

スピリチュアル視点から見た人生観

他人に尽くして、自分の好きな人生を歩めなかった過去生を多く持っています。

その為、今生の課題の一つが自愛も大切にし、自分の望みにも心を傾けて行くことを大切という事になります。

日々「食べたいものは何か」の心の問いかけをしたり、好きな異性が現れたら「自分は無理」とは思わずまずは振り向いてもらえるようにアピールしてみたるのもイイでしょう。

兎に角、今生で自分はこんな幸せを得たいと思えるものを掴み取っていって欲しいと、幾つもの過去生の貴方が訴えかけています。

慈悲深さは過去の貴方の勲章であり、今生でも発揮して素晴らしいのですが、本当に必要な所で発揮できればいいのです。

他人に愛ばかり振りまいて、自分にはしない子は、多くの過去生の貴方の様に「もっと自分の人生も大切に生きればよかった」との後悔を抱いて今生も終わることになりかねません。

ご自愛がここでのキーワードです。

手放すべきものを手放すスキルも必要

「人と一度紡いだご縁は切り捨てては神様に罰される。
だから悪縁も自ら切れない」「頼まれ事はすべて引き受ける」「ずっと使ってきたものは捨てると勿体無いから、もう心がときめかなくても大切に使い続けるのが正しい」という考えが貴方の中にあるようです。

”大切に出来る”ことは素晴らしいのですが、貴方の場合は極端な方向に走りがちであり、やがて想い真っ黒な執着の塊に過ぎなくなることもあります。

すると、貴方自身のエネルギーも似たような状態になりますから、引き付ける人や状況も質の悪いものになって行くので注意が必要です。

何か、このところいいことが無いと思ったら身近で長く使わなくなったもので、見ても心がときめかないと思ったなら、思い切って処分してみるとイイでしょう。

一度に大きなものである必要はありません。

少しづつ、自分の人生が軽くなる、自分の運も良くなることをイメージしながら感謝して手放すとイイでしょう

子供時代子供らしく生きられなかった

子供の時、ご両親にあまり認めて貰えなかったのではないでしょうか。

認めて貰えることこそが愛だと勘違いしたあなたは、ご両親にとって喜びの存在になろうと必死だったはずです。

良い成績をとって、言いつけを守り、なるべく余計な心配はかけない、とご両親にとっての都合のよい存在になる事で貴方は満足できていました。

ですが、いつもご両親の理想通りに振る舞えなかったあなたは、その結果自分が思うような愛をご両親から返してもらえなかったとき、自身の不完全さに絶望していきました。

そんな時「本当はもっと甘えたいし、ダメな自分でも受け入れて抱きしめて欲しい」とご両親に本音を言えればよかったのですが、貴方はグッと我慢し子供ながら寂しい想いを沢山味わって言う事になりました。

今でも本当は寂しがり屋さんの貴方は、まずは子供時代ご両親との間でどんな寂しい思いをされたか振り返ってみることが大切です

縁が切れる時のマイナス要素を消す方法

自愛に努める

日々、自分の心に問いかける時間を作って行きましょう。

まずは手軽に自分が食べたいものを積極的に食べるのがお勧めです。

ちょっとくらい高価である位が今の貴方に一番丁度いいかもしれません。

例えば、これまであなたは他の人には購入していたけれども、自分は遠慮して食べて来なかったものが沢山ある事でしょう。

ココからは、他人ではなく自分を喜ばせることに専心する時期です。

食べたいものも撰び食べることで貴方の心はどんどん満たされて行くでしょう。

その満たされた心で貴方はきっと他者にも自然と愛を分け与えて行く自分にもなって行きます。

自分への地合いを進めて行くことは、他人にとってもメリットがあります。

これまで枯れた心で愛を与えてきたことが多かったはずですが、これからは無理のない愛を与えて行けるようになりますので受け取る方も負担が無く良い循環が生まれて行きます。

不要なものを少しずつ手放して行く

これまで溜めていた、人間関係や物質的な事の断捨離を進めて行きましょう。

特に、自分の心の負担になるような人とのご縁は何とか断ち切りたいものです。

ですが、突然バッサリでは貴方の人としての質が疑われて貴方が不利となってしまいましょう。

ですので、まずは不要な物質を処分してく事から始められるのが無難となります。

手放すほどに、貴方の身の回りだけでなく心も軽くなって行く事でしょう。

すると、不思議と貴方にとって不要な人間関係も自然な流れで軽くなって行くはずです。

不要と感じていた人物が、あちら側から去って行ってくれるような嬉しい奇跡をどんどん起こして行けるように、まずは断捨離が先決です。

そして自分の思い込みのようなものも一緒に手放してくことも大切です。

例えば、自分はいい人ではないと誰からも愛されないなどという思い込みがその一つです。

子供時代両親との間で寂しい思いをした自分を想って出す作業を進める

子供の頃のご両親との関係を想い出して行く作業が必要となります。

一人で静かになれる空間や時間を作って、コツコツと想い出して行きましょう。

その中で、子供のこと本当は両親に甘えたかったことや、頑張らなくてもそのまんまの自分で愛して認めてほしかった気持ちを認めて見ましょう。

そして子供時代の自分を沢山抱きしめてあげましょう。

子供のころ我慢していた感情が今出て来たら、心の浄化も上手く進んでいる証拠にもなります。

そして今の生活の中でも、外の人の反応に振り回されず無理しない自然体の自分で生きる事を心掛けて見ましょう。

子供のころ両親に愛されることに必死だった貴方は、今もまだ他人の顔色に翻弄されるところがあります。

そんな今の自分も少しずつ変えて行きながらも、並行して子供時代の自分を慰める作業も進めて行きましょう。

まとめ

過去生で他人に尽くすことばかりで生涯を終えた回数が多く、今生では自愛を学ぶことが大きな課題として今生を受けられた様子です。

過去生の自分の魂を引き継いでいるがゆえに、他人優先の精神が今もなお強く残っていますし、生まれ育った家庭環境でご両親の顔色ばかり伺って来たこともあり、今生も自分に蓋をして生きている場面が多く見られています。

ですが、ここからは逆転の人生ももちろんあり得ますので、これからは自愛活動もしっかり進め知多抱きたく思います。

時に厳し過ぎるあなたは自愛を身勝手と思い躊躇されるかもしれませんが、慈悲深さの土台が強固なのであなたが身勝手過ぎる状態になることは皆無に近いと安心してください。

友達との縁が切れるのは、貴方にとっては立ちどまって心の修復を図る時期とのサインであることが多いです。