パーソナル

【相性チェック】友達と一緒にいて疲れる人のスピリチュアルの相性とは?

疲れた 女性

なんだか一緒にいて疲れてしまう・・そういった友達というのは、単に自分が気を使っているから・・ということだけではなく、相手があなたの氣を吸い取ってしまうということがあります。
いつも一緒にいて中の良いはずなのに・・別れた後になって、どっと疲れが溢れてきてしまう・・友達に申し訳ないな・・
なんて思ってしまうこともあるかもしれません。
けれどもそれは、そういう友達のエネルギーが良くも悪くも強いためなのです。

スピリチュアル視点から見た、友達といたら疲れる人の性格

友達といると疲れ易くなってしまう人というのは、まず第一に「優しい性格」をお持ちだと言うことがあります。

そして、感受性が強い人。何事に対しても真面目な性格という方にとっては、疲れやすくなる傾向があります。

受け身な優しい性格

「優しい性格」の方というのは、受け身の方が多いので、相手から何らかのプッシュがあれば、優しい性格のために、無意識にそれを受け入れてしまう・・そういった傾向にあります
優しい性格の方は、身にまとうエーテル体・・いわゆるオーラ(氣)というものが穏やかで優しいので、そのオーラの特徴が性格となって現れているのです。
「優しい」と一言で聞けば、良い人のイメージがありますが、優しすぎるが故に「自分」というものが見えづらくなってしまい、何でもかんでも、誰でもどんな人のオファーでも受け入れてしまう、という方もいらっしゃいます。
自分の中では、「人には優しくしないと」と思い、それが「正義」だと感じて多少自分を偽ってでも、断る勇気に目を瞑ってしまい、あげく無理をしてしまう、そういう特徴もあります。
「優しさは正義」そういう観念が強い人です。

先に色々読み取ってしまう感受性の高い性格の持ち主

感受性が強い人の特徴には、先の「優しさ」ゆえに、世の中の物事に対して、それをまるで自分のことのように感じてしまいます。テレビのニュースで知った犯罪に合われた被害者に対しての悲しみや恐れ、また映画を見ると、まるで本当に自分が物語の主人公になっているようで興奮してしまう、そんな感覚が人一倍に強いのです。
ですので、つい涙腺が弱くなってしまったり、些細なことでイライラしてしまったりという特徴が感受性の強い人にはあります。
感受性が豊かであれば、無意識ですが、他人の心と一体化しようとしてしまう傾向にあるために、エネルギーの強い友人や知人などと話をしているとそれを受け取り、疲れやすくなってしまうのです。
感受性が強い方は、良くも悪くも、その時一緒にいる友人だけでなく、その周りの場の空気を読み取ってしまうという人が多いです。

断ることが苦手な真面目な性格

真面目な人の特徴というのは、こちらもほとんどの人が受け身でいる方が多いので、与えられた仕事はすべて完璧にこなさねばならない・・そんなことを感じてしまう方が多いです。
もちろん、受け身だけでは成り立たない仕事というもは世の中にはたくさんありますが、真面目な方=優しい=断れないといった連鎖にハマりやすくなります。それ故に、良くも悪くも頼りにされてしまい、自分の疲労の限度を知らないうちに越えていた・・なんて人も多いです。
真面目な人というのは、いつでも物事をあれこれと考えて、いろんなことに注意を向ける、或いはそれ一点をこなし続ける傾向があるので、気が休まらない方が多いです。
真面目な人というは、いつも脳内コンピューターがフル回転している、いつでも何かしらを脳内で整理整頓、自分を無意識に働かせてしまうのです。

友達といると疲れやすい人が受けるスピリチュアルサインとは

友達が疲れる時のスピリチュアルサイン

友達といると疲れやすい・・というメッセージは、

①その人があなたの氣を吸い取っているため

②その友人と自分との生きているタイムラインが違う

③もう少し自分を守ること と言うことでもあります。

その人があなたの氣を吸い取っているため

人は無意識のうちに、他人の元気なパワーを吸い取ってしまうということがあります。
まるで吸血鬼のようにそれをするのです。
いつも元気な友達だけれど、さっきまで私も元気だったはずなのに、楽しかったはずなのに、その人と一緒にいたらなんだか疲れてきたな・・そう感じたら、きっとその人は他人の気を吸い取っています。
そして、そのあなたから元気を吸い取った友人はますます元気になるのです。
吸血鬼な友人がいると、友人だけがピンピンと元気になって、それを見ながら自分はなんだかどんどん疲れて行っていることが多いです。
それは、あなたの優しさがその友人のチカラの強い氣に押されて、すっぽりと覆いかぶされてしまっているからなのです。
あなたの優しさや、真面目さ、感受性の豊かさが、友人にはうってつけの栄養になってしまっているのです。

 その友人と自分との生きているタイムラインが違う

友人といると疲れる・・というメッセージには、もうその友人とあなたの歩いている人生のタイムラインがズレてきているというメッセージでもあります。
例えば、その友人の話が某テーマパークについてのことでキャイキャイと楽しんで話しているのですが、あなたの中ではそんなに興味がなく、某テーマパークについては数年前にその興味を卒業している・・そんなことを感じた時にタイムラインのズレをあなたが無意識のうちに感知してしまい、その友人といると疲れてしまうな・・と言うことがあります。
楽しそうに話をされて、自分もその瞬間は楽しいはずなのに、帰ったら「あぁ疲れた」となるのは、人生の方向がその友人とは違う方向へと向いてきているからなのです。
ですので、大好きな友人で合っても、時とともに別れや距離を置くべき時期に差し掛かっているともいえるのです。

もう少し自分を守ること

友人といるとなんだか疲れてしまう・・そんなときは、もう少し自分を労わってあげましょうねというメッセージでもあります。
とても楽しい時間を友人と過ごしたけれど、一日の終わりの心の奥に「楽しいよりもなんか疲れた」が先に来てしまうと、それはあなたの心や気持ちに休息の時間が十分に足りていないので、自分の時間をもっと作ってあげましょうということです。
自分を守る・・と言うことは休息を与えて心身ともに健康になることでもあります。
パワフルな友人でもありますが、人は人の気を奪い取ってしまうこともあります。
パワフルで元気な友人といる自分、そんな自分がなぜ疲れてしまうのか・・と言うことを見つめてみましょうというメッセージでもあります。
その友人と自分との関係性を見つめ直す時期が来ましたよ・・・と言うことでもあります。

どうしても疲れる場合は友達とのスピリチュアルの相性を見てみる

友達 疲れる人 性格

スピリチュアルな観点から見ても相性というのはかなり大事とされています。
この友達といたら疲れるなと悩んでる方も、その友達の良い1面を知っている為、離れるのが難しくなっているのではないのでしょうか?
この項では、自分だけでなく相手側の面を知ることによって、相互理解を深めることができます。
相性とゆうのは掛け合わせになり、うまく付き合えば力が大きくプラスにもなり、間違えばマイナスにもなります。
相性が悪いからといってすべてが悪くなるわけではありません。
付き合い方次第でプラスにもマイナスにもなります。

友達が受け身な性格の場合は大きくみて二つのパターンに分けれます。

もしあなたが能動的な方の場合-能動的な性格×受け身な性格

 

能動的な性格×受け身な性格

プラスによくみられるのがこのパターンの相性です。

能動的な性格の方の氣は、ゆらめくような氣の方が多く、特徴としては個の氣が濃いことです
逆に受け身な性格の方は氣が穏やかな方が多いです。
またこれからの行動によって氣が変化することが多いのも特徴です。

プラスの相性ではあるのに疲れることが多い時がありませんか?

プラスになるタイミングとしては受け身の方の氣があなたとうまく混ざり合った時です。
まだ相手側が自分の氣の変化に対応できていないことが多く、もう少しあなたの色とうまく混ざるようにしてあげると
関係性がうまくいくでしょう。

その分、受け身な方の色や特徴をくみ取ってあげるとうまくいきやすいでしょう。

 

自分も受け身な性格の場合-受け身な性格×受け身な性格

決めごとがまとまらない、スピードが遅いといった部分で疲れてしまうことが多くないでしょうか?

受け身な性格×受け身な性格

この掛け合わせではプラスにもマイナスにも変化しやすいパターンになります。

プラスに持っていきたい場合は考え方を1つ持ってみましょう。
先程の項でお話したように、受け身な性格の方の氣は相手にあわせて変化がしやすい特徴があります。
ですので自分と相手は鏡合わせだということを理解しましょう。

鏡合わせということは、あなたが友達にこの子受け身すぎて疲れるなと思っていれば、相手も同じく思っているということです。

相手と目線をしっかり合わせるということも大事です。
ただ視線を合わすだけでなく、内面までしっかり合わしましょう。
目線を合わせることによって、氣が混じりやすくなります。

この理解があれば相手との同調を深めやすくなり、関係性もよくなることでしょう。

スピリチュアルな性格から考える友達とうまく付き合っていく解決方法

友達 疲れる 解決法

優しい性格・・自分の中に断る勇気も持つこと

優しい性格が仇になる・・ということもあるように、世の中の物事には優しさだけでは上手くいかないことも多々あります。
優しい人というのは、人から好かれて、頼りにされる素敵な存在ですが、それゆえに悪い心の持ち主に引っかかてしまうと、良いように使われて、手のひらで転がされてしまうこともあります。
優しさの中にも厳しさの種を持ち、負のエネルギーは優しさだけで受け止めず、跳ね返す強さも必要です。
そうすると、元気パワーを吸い取っていく隠れ吸血鬼友人とも程よい距離を保つことができ、今まで以上にうまくその友人とのお付き合いが出来ていくのです。
心の中で「私はあなたの気に負けない、すべてを吸い取られてたまるもんですか」と思うだけでいいのです。
そうすれば、友人と別れた後も、少しだけスッキリした自分が見つかるはずですよ。

感受性の強さ・・物事に惑わされない心の軸をつくる

感受性が豊かだと、それだけで人生が面白く感じることができるかもしれません。
しかしあまりにも感受性が豊かすぎて、泣くほどでもない小さな感動話に涙腺が崩壊したり、赤の他人の悲惨な出来事に対して悲しくなったり、憤りを覚えたりして、まるで心の感情が休まることができなくなります。
そういう時には、寝る前に少しだけで頭をリセットして、無になってみたりすると良いでしょう。
感受性が豊かな人は、想像力も豊かですので、思考を無にすることは少し難しいかもしれません。
しかしㇷとした瞬間に、思考を停止してみると、自分の中の軸が出来あってきて、感情をうまくコントロールできることができます。感受性が豊かな人は、想像力もあり、宇宙ともつながりやすくありますので、少しの瞑想で自分を見つめることができ、自分軸が出来上がっていくのです。

真面目さ・・肩肘張らないようにしてみる

真面目な人は、肩肘張らずに・・と言う言葉は無縁のように感じます。
というのも、いつでも肩肘を張って生活している人が多いので、それが日常の当たり前になっているために肩肘の力を抜くという行為がとても難しいのです。
しかし、真面目な人は、無意識のうちにいつでも仕事やプライベートを完璧にこなそうとしてしまうため、力を抜く瞬間を覚えた方が良いのです。真面目さは、それだけでとても素晴らしいものですが、時に心や体に負担をかけてしまいます。
力を抜く瞬間とは、些細なことで良いのです。
熱いコーヒーを一杯飲んでみたり、腕を天へ伸ばしてストレッチしてみたり、深くて長めのため息をつくことも良いです。
そういった小さな息抜きを楽しめるようになって来れば、疲れる友人といても、肩肘張らずにお付き合いができるようになっていきます。

まとめ

「友人と一緒にいて疲れてしまう」
少しでもそう思ってしまったら、まずその友人と自分の関係性を見直してみましょう。
今、本当にこの友人と一緒にいるべきなのか?少し距離を置いてみようかな?
そういう他人に対しての自分の人生の転機が来たと言えるべき時なのかもしれません。
そして、その友人だけでなく、自分は人と合うときにどんな感情や思考で付き合っているのか・・などといったことも考え直していく時期なのかもしれません。
どちらにしろ、友人と自分、互いの成長のために、それぞれを客観的に物事を見ていくことが必要な時なのです。