体質・特徴

耳がポコポコ鳴るのはスピリチュアルサインで知らせている!特徴と改善策

耳 違和感の女性 スピリチュアル

耳は人間の五感の一つである「聴覚」をつかさどる部位です。

 

普段は人の声を聴いたり、車の音や動物の鳴き声、自然の木々がザワザワとざわめく音などの目に見える物理的な音を聞くことが多いですよね。

 

その耳がある日突然、ポコポコと鳴りだしたら・・・あなたは不安に思いますか?

 

それとも何かのメッセージととらえますか?

 

普段通りに過ごしているのに、目では確認できない音が聞こえてきたとしたら、その音には何か深い意味が隠されているのかもしれません。

 

そしてそれを聴くことができるのは、ほんの一部の人間だけなのです。

 

以下に、耳がポコポコ鳴る理由とスピリチュアルサインについてまとめました。

 

 

耳がポコポコ鳴る人の持つ特性

 

音に敏感な人は瞬発力・直観性に優れている

耳から鳴るポコポコという音を聞き取ることができる方は、その瞬発力を活かして瞬時に判断し行動することができる人です。

 

私たちの耳には、普段数えきれないほどの音が入り込んできますが、上記の特性に当てはまる方はその音のする距離やその音が危険なのかそうでないのかをすぐに判断できる力を持っている人といえるでしょう。

 

そしてそのポコポコという音は、おそらくもうお気付きかと思いますが、あなたの体の最も近くから発せられていることが多いので、体が発している音なのか、それとも外部からの音なのか、何か体に不調があるのではないかなど、敏感なあなたゆえに余計に不安に思っておられるのではないでしょうか。

 

ですがそのような時にむやみにアクションを起こしてはいけません。

 

つい恐怖から何かにすがりついたり、逃げようと試みたりしてしまうかもしれませんが、あなたは特別な人間として選ばれた者なのです。

 

 

耳が良い人は集中力が高い

そして、瞬発力や判断力に優れている方は、同時に集中力がとても高い人といえます。

 

一つのことをこなしながら、同時に別のことを考えているとても器用な人であるか、一つのことに集中したら周りには目もくれない一点集中型タイプのどちらかであるといえるでしょう。

 

このタイプの両者共に多く見られるのは、自分の日常において経験したことのないものに出くわしたときの警戒心は測り知れないものがあるということです。

 

このように自分のルーティーンを強く持って信じて生きてこられた方は、自らの頭の中にある知識本にのっていないものは頑なに信じない傾向にあります。

 

ですが、あなたも上記の方のように優れたスピリチュアル性の持ち主であることは確かですので、どうかその見えない存在を否定せずに、発せられたメッセージをポジティブに捉えていただきたいのです。

 

 

人の醸し出す雰囲気や周りに合わせた行動ができる

もう一人、とてもスピリチュアル性に長けた方がいます。

 

それは相手の出すさまざまな音や、音に限らず周りの雰囲気を察知することのできる人です。

 

雰囲気を察知するのになぜ耳が関係するの?と思う方が多いと思いますが、実は他人の雰囲気や纏う空気を感じ取るとき、スピリチュアル的に耳、聴覚はとても重要な五感のひとつなのです。

 

他人の雰囲気を感知することのできる方は、相手が発する実際には聞こえない高周波の音や低周波の音も無意識のうちに感じ取ることができてしまっているというわけです。

 

例えば、怒っている人の特徴として一番わかりやすいものでいうと、普段、物の扱いがそれほど乱暴でない人が、物を雑に置く瞬間の「バンッ」という音。

 

これは音としてイライラが表現されているため、誰にでも聞き取れて察知することができますが、もう一段階耳の良い方はその人が発する怒りの低周波音や空気波を耳で感じ取ることができるのです。

 

このような方は他人の言動がついつい気になってしまう癖があるので、人間から発せられる周波にあまり気を取られすぎないことが大切です。

 

 

耳がポコポコ鳴るときのスピリチュアルサインとは

 

目視できない音は”異界の者”からのメッセージ

周りを見回してもそれらしき音の正体が確認できないときは、異界の者からのあなたへのスピリチュアルメッセージであると考えてよいでしょう。

 

そして、主にポコポコといった音でもそれが高い音なのか低い音なのか、あるいは中程度の音なのか、またはその音が自分にとって不快な音なのか心地良いものなのかによってそのメッセージは細かく異なります。

 

まず高い音である場合は、高い次元の存在からのありがたい知らせであることが多いです。

 

それが不快でなく心地の良い音なら尚更、これからあなたに良い知らせがあるという意味と捉えて良いでしょう。

 

もし不快な音ならば、それはあなたの身体がまだ高次元の周波に慣れていない状態であるため、落ち着いて受け入れる態勢を整えることです。

 

中程度の音は、あなたの心身のバランスが悪くなっているという忠告と捉えてください。

 

それが不快に感じても心地よく感じてもそのままにしておいてはいけません。

 

あなたの心と体がバラバラになってしまう前に、自分の行いを振り返る必要があります。

 

低い音の場合は、あまりよくないことがあなたの身に降りかかろうとしている知らせなので、充分に注意してください。

 

そして低音の知らせは不快な音に感じる場合がほとんどですので、あなたが不快に感じるほど注意が必要ということになります。

 

もしそれが心地よい音に感じたとしても、稀によくない存在があなたを引きずり込もうとしてそのような音を出していることもあるため警戒する必要があります。

 

 

異界と交信することのできる人間であるというサイン

原因不明のポコポコといった音や得体の知れない雰囲気を感じ取ることができるあなたは、異界と交信することのできる選ばれた人間であるということを理解し、常に頭の念頭に置いて生活してください。

 

第六感が優れているということは、なんらかの予兆や前触れを事前に知らせてくれるとても心強い存在があなたの近くにいるということ。

 

そしてそれを感じ取ることができることはとても稀なのです。

 

あなたが信じれば必ず正しい方向へ導いてくれるので、怖がってはいけません。

 

また、あなたが間違った道へ進もうとしているとき、その存在は道を修正してくれるきっかけを与えてくれるでしょう。

 

異界との交信ができる人間はほとんどと言っていいほどこの世にはいません。

 

正確には、努力して異界との交信を試みて成功する方もおられますが、そのように人間から異界へと意識を飛ばすことと、異界の者から直接選ばれ、異界からあなたへとサインが届くことは全く価値が違ってきます。

 

つまり異界の者から選ばれた人間のほうが、そのスピリチュアル性や才能が高く認められた者ということになるのです。

 

 

怖がらなければ良い知らせであることが多い

上記で少しお話したことですが、とにかくむやみやたらに怖がらないことです。

 

あなたが怖がることによって、異界の者はがっかりしてしまうでしょう。

 

スピリチュアルなサインやメッセージを送ってくれる者たちも、元は人間であることが多いので、怖がられてしまうとそれが伝わってしまい、同じように恐怖心が芽生えてしまいます。

 

そしてそれが続くと不信感から交信の糸は途切れてしまうでしょう。

 

そのことはあなたの人生をより良いものにしようとしてくれていた者の手を自ら振りほどいてしまったことになるので、とてももったいないことです。

 

ですから、初めは驚くかもしれませんが徐々に受け入れる態勢を整えていくことが大切です。

 

「この人(あなた)は信用してくれる人間だ」と異界の者に思わせることができれば、そこで信頼関係が生まれ、良い知らせを運んできてくれることが増えるでしょう。

 

 

耳がポコポコ鳴るのは治る?改善策

 

焦らずに状況把握をすることが大切

耳からポコポコ鳴ったり、何かしらの音が聞こえたりしたら、まずは焦らずに様子を見ましょう。

 

その音はずっと続くのか一時的なものなのか、不快音なのかそうでないのか、音の高さなど、あなたの直観力や集中力を最大限に活かし分析してみましょう。

 

そして次に、自分の置かれている立場・状況を把握するということをします。

 

分析した音が不快音であり、何かを忠告するような音だと感じたのなら、今のあなたの置かれている状況で気になる箇所はないか?あなたの立場を脅かそうとしている存在はいないか?など、あなたの周囲の様子をできるだけ細かく思い出してみてください。

 

大なり小なり、思い当たる事柄が浮き上がってくるはずです。

 

このような場合は、異界の者の意識とあなたの潜在意識の中にある気になることがリンクして、あなたに音として警告を発しているといえます。

 

逆に良い知らせの場合は心地良い音であることが多いので、それほど警戒する必要はないですが、それが低音の場合だと悪い霊が異界の者の真似事をしている可能性があるため、警戒の意識を持って暮らしたほうがよいです。

 

 

何事にも前向きな姿勢で取り組むこと

自分の人生を分析することが大切と上記で述べましたが、警戒心の強すぎる方は何事に対しても後ろ向きの考えを抱きがちなため、考えに考えあぐねた結果、もともとある直観力が鈍ってしまい的外れな見当をする傾向にあるので注意が必要です。

 

例えば、聞こえているのは良い知らせのはずなのに、なぜか裏を読んで悪い知らせと捉えてしまったり、変な所で強気になって忠告を無視してしまったりと、空回りしてしまうことがあるようです。

 

あなたはもともと集中力の高い人なのですから、あまり警戒せずとも堂々と前向きでいることさえできれば、何も問題はないといえます。

 

これは間違った空威張りの前向きさではなく、あくまで自分に見合った度量での前向きさのことをさします。

 

何度も言いますが、第六感が人より優れていることはとても良いことであり、誇らしいことなのです。

 

そのことに自信を持ち、慌てずに対処できる力を身につけることができれば、あなたの人生はスピリチュアルな力によって素晴らしいものに変わっていくことができるでしょう。

 

 

とにかく恐れずに強い意志を持ち続けること

人は未知のものと遭遇したとき、驚いて気持ちが怯みます。

 

そして何もわからないので警戒するでしょう。

 

ですがいつまでもその存在を警戒したままでは、どれだけ時間が経っても未知の存在は未知のままです。

 

そしてこれは繰り返しお伝えしていることですが、スピリチュアルサインを送っている者もまた、人間と同じ意思を持ってあなたに接してこようとしています。

 

ですから、あなたが警戒してしまうと向こうも警戒して交信を諦めてしまい、せっかく感じたスピリチュアルサインが途切れてしまったり、場合によってはなぜ伝わらないんだと怒りを向けてきたりする可能性もあります。

 

こうなると怖がれば怖がるほど逆効果となりますので、とにかく恐れないことです。

 

そしてもうひとつあなたに知っておいていただきたいのは、あなたが心の芯を強く持っていれば、未知の存在に触れても平気であるということです。

 

そしてスピリチュアルメッセージを発信している者と常に対等の存在であるという気持ちを忘れないでください。

 

そうすることが一番の和解の近道であり、互いが互いをスムーズに理解しあうことで「未知の存在」から「自分のことを守ろうとしてくれている存在」へと認識が変わってくるはずです。

 

この関係性を深めれば深めるほど、今後のスピリチュアルサインはより確かなものに変わり、交信の糸も強く切れにくいものとなるでしょう。

 

大事なのは、あなたがそのサインを信じる心の強さをどれだけ持てるかにかかっています。

 

 

【まとめ】

いきなり耳がポコポコ鳴り始めたら、まずは病気や身体に何かあるのではと健康面を疑ってしまいがちですが、そうではない場合は、あなたに対しての警告音や道を修正するようにとスピリチュアルサイン・メッセージを送ってきていると考えてください。

 

そして、それを受け取ることができるのは限られたごくわずかな人間だけであるということも忘れずに、これからもあなたらしく生きていくことで、さらに霊界の者から守られる存在となっていくことでしょう。